FC2ブログ

プルーとYOU-GO!

今、プルーがあなたにお届けできるプレゼントをお受け取りください。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ マフェトン理論!? ]
2008-08-25(Mon) 19:48:55
心拍計を白黒パンダ号のお供に買ったんですが、値段が値段なので諦めてはいるのですが、心拍を拾ったり拾わなかったり、ムラがあったり、距離によって取らなかったりするのでいいのがあれば買い直したい(買い替えれるなら…)と思い、『心拍計』でググッてるとあるわ、あるわ、色んなものが出てきます。
でも値段は高め…。電波式より、2.4G方式の方が感度がいいので欲しかったり…。
色々みてると物欲がフツフツと…。悪い癖です・・・。

そんな時、『マフェトン理論』なるものが目に留まりました。
『マフェトン理論』でググッてみるとその真相が明らかに!!
これが前に書いた副産物です。
これまでのトレーニングはもしかして無駄だったのか!?六甲山に上りまくったのは意味がなかったのか!?なんてちょっとガッカリ・・・。
無知とは無力…。
マフェトン理論について詳しく知りたい方はググッてみてください。
マフェトン理論・・・、健康のための心拍トレーニング!簡単に言うとこんな感じかな?
健康になりたい人も、痩せたい人も、強くなりたい人も全ての人のためになる理論と僕は受け取りました。
僕の場合はとりあえず痩せたい、そして強くなりたいという気持ちが強いので早速トレーニングに組み込むことに!

早速、180公式にて僕の最大エアロビック心拍数を求めると…、
180-33=147
ここで問題は僕の今の状態、健康で普段トレーニングをしている…、なので足したり引いたりはナシ!と決断。エアロビクス心拍数は137~147ということになりました。

早速トレーニング開始!
読めば読むほど、ウォームアップが難しいので、ローラー台にて開始、準備をしてると通常よりは心拍数は高め、見てみると85くらい、そこから15分かけて140付近まで直線的に上げていきます。
最初なので3分ずつ区切って徐々に心拍数を上げてみることにしました。
まず3分で95、6分で105、9分で115、12分で125、15分で135、と目標設定!
思ったように心拍数が上がらないのですが、ギア、ケイデンスで調整。うまく直線的には上がりませんでしたが、なんとか15分後には135まで上がっていました。
そこから30分エアロビック心拍数をキープしてみましたが、27㌔ケイデンス105でちょうど140くらいをキープできます。
退屈なのでギアを変えてケイデンスを上げてみたり、重めのギアを踏んでみたり、色々試したりしてると、いつの間にか30分、あとはクールダウンです。
ウォームアップの逆のパターンで徐々に下げて行きます。
こちらも目安を3分ずつ区切って徐々に心拍数を落とすことに。
3分で130、6分で120、9分で110、12分で100、15分で90を目標に設定。
徐々に落としていきますが、120までは順調に落とせましたが、そこから負荷を軽くしてもなかなか落ちないので、軽いギアでホントゆっくり、最後は時速10㌔くらいまで落としてやっと90まで落とせました。
やったー、トレーニング終了!
説明に書いてあったように、運動後の疲れはほとんどない感じ、でも汗はしっかり掻いていました。
やってみて改めて、ローラー台上ならまったく問題ないですが、通常の路上の走行ではかなり難易度が高そうな感じ、坂、風、信号待ち、自動車、歩行者などなど様々な障害があり、心拍数を気にしながら走らないといけないので特にウォームアップ、クールダウンが難しそうな印象でした。
普段からウォームアップ、クールダウンは気にしながらやっていましたから、ある程度スピードとケイデンスと心拍数の関係は把握していました。でもウォームアップ5~10分で120くらいまで上げてからトレーニング開始、MAX160くらいの負荷を掛けていました。六甲山を登る限りは心拍190まで逝ってましたが・・・。クールダウンも5~10分くらいで心拍110くらいまで落ち着かせて終わりのようなことはしてましたが、結構適当。ここまできっちりやるのは初体験!
でもこれをするだけで効果があがるとあれば同じ時間を使うならやらないともったいない!
カラダに大きな負荷を掛けず効果的なトレーニングできるのは仕事をしている社会人としては願ったり適ったり!
続けていくぞ!
未分類TB : 0CM : 0
ランニング!HOME素人 サプリ診断!?

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://purupuruplue.blog70.fc2.com/tb.php/76-7a41e89f



copyright © 2018 プルーとYOU-GO!. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。