FC2ブログ

プルーとYOU-GO!

今、プルーがあなたにお届けできるプレゼントをお受け取りください。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ インプレッション! ]
2010-10-07(Thu) 22:46:50
新相棒ターマックSL3はすでにジテツウにも使っているので1000キロほど乗りました。
最近乗った3台、ターマックSL3、ルーベSL3、ケベルでの違いの分かるオトコ(?)の比較インプレッションです。


イタリアンバイク、あるいはヨーロピアンバイクにこだわっていたところはあったのですがレースシーンでは圧倒してるのがアメリカンバイク!
グランツールでの総合優勝者のバイクは3台ともアメリカンバイク!
速さ、快適性、信頼性で勝ち取ったのでは?
5974.jpg

ターマックもケベル同様にBGフィットをしたわけではないですが、フレームサイズが酷似しているのでステムやら部品を買い足すことなく同寸のシート、ハンドル位置、に仕上げてもらっているので違和感なく乗り換えできました。


ターマックとルーベには同じメーカーなので当たり前ですが共通するものが感じられて、強さと快適性の共存、快適性重視なのがルーベ、強さ重視がターマックといった感じ。
強さと表現しましたが、剛性と速さへのこだわりと感じてもらえたらと思います。
144338.jpg
モーター付き!?と言われたくらいに速かったルーベSL3&カンチェラーラ


ルーベになかったものがターマックにはあります。
それは挑発的なところ、フレームからもっとスピードを出せ!もっと踏んでみろ!と言って来ている気がするのです。
自転車に乗ってる高揚感があります。
正直堅いです。僕の脚では負けます。でも踏み応えは心地よいのでついつい踏んでしまいます。
ルーベでは物足りなく感じた、その答えがターマックにありました。


ただ通勤、ロングライドするならルーベに勝るものはない?
ライバルはピナレロのKOBH?
値段が違いますけど…。
人より少しでも早く走ってやろうと思うならターマックか!?。


ケベルとターマックの違いはまず軽さ、重量もそうですが、振りの軽さ、フィーリングの軽さ。
あと振動吸収性の高さは乗ってすぐに感じました。


ケベルはストレートフォークでダイレクト感がありクイックで低速でも振動もコツコツするし、フラフラ…、両手離しするとよく判ります。
でも高速になればなるほど安定してきます。
144353.jpg
ターマックはベントフォークで、低速から真っすぐ走り、振動も抑えてくれます。
どのスピード域でも心地よくしなやかにクイック、下りでも安心感があります。
しかもブレーキがよく効く!
この辺りはフォークの剛性の問題なのでしょうけれど、明らかに違いを感じれるくらいとは…。
でもストレートフォークの方がビジュアルは好き!
DSC_5139.jpg
ケベルのストレートフォークはかなり好き


ターマック、ケベルと比べると完成度に違いを感じます。
レースを前提に、しかも毎日200キロオーバーを走り、21ステージ走りきる事を踏まえて作られているのがわかる気がします。
同じカーボンバイクと言えどこんなに違いが出てくるのか!?
ハイエンドとミドルクラスの違い、さすがハイエンドバイク!と思わせる仕上がりやと思います。


基本堅いバイクなので脚にきます。脚のない僕だとグイグイ踏み込むよりキレイに回すことを意識した方がしっかり前に進みます。
振りが軽いことも相まってダンシングが増えました。


どうやったら速く走らせることができるか日々悩み、試行錯誤することを楽しんでいるのでありました。
スポンサーサイト
自転車TB : 0CM : 0
  [ SPECIALIZED S-Works Tarmac SL3 ]
2010-10-05(Tue) 00:30:55
前回のブログの最後で紹介したバイク、「SPECIALIZED S―WORKS TARMAC SL3」
このバイクは世界最強のバイクのうちの一台であることは間違いないでしょう。


実績は随一、だから乗ってみたい!と思うのは自然なこと。
決めた理由はそれだけではないが、乗ってみたいと思わせたバイクであったのは事実。


欲しいバイクというのは、
「LOOK595」
「TIME VXRS」
どちらも高級車であるのは間違いないが、カーボンラグを使ったバイクである。
モノコックが多い中、カーボンラグで製造されているバイク、しかもどちらも評判はよい。
問題と言えば価格が高いという以外はないのだが、その壁は高く、厚く、破ることはできず結局断念…。
ターマックSL3が安いわけではないが、ハイエンドバイクにしては安いと思います。(錯覚!?)
DSC_6070.jpg
パンダ号からコンポーネンツ、ハンドル、ステム、シート、ホイールは移植して新生バイクの誕生です!
2010モデルからの2011モデルにマイナーチェンジでフロントフォークに改良が入り、シートポストが付属ではなくなった。
パンダ号は専用シートポストだったので付属が嬉しかったのだが…。
でもRIDEWORKS スーパー店長の取り計らいでFSAのカーボンポストを頂きました。ヽ( ・∀・)ノヤター
DSC_6081.jpg
SL3からBBとチェーンステーは一体成型とのこと。
チカラの伝達にロスが少なくなるとの事。
惚れた要因の一つ。
DSC_6080.jpg
シートステーがシートポストから直接2本出ている。
乗り心地が格段に違うそうです。
よくあるフレームは1本から2本に枝分かれしている。
造形するのが難しいので、一部のモデルしか採用されていないそうです。
SCOTTのADDICTの説明で書いてありました。
これも惚れた要因の一つ。
DSC_6083.jpg
R2オリジナルのHEADSET
いつの間にこんなアイテムを・・・。
DSC_6400.jpg
決戦仕様 S-Works ターマックSL3 + BORA TWO
かなり走りそう・・・。


ルーベSL3を試乗した時には僕のターマックSL3は入荷していたのです。
でもあえての試乗しました。
それはターマックとルーベの味付けを乗り比べしたかったからと言う理由。
インプレッションはまた後日・・・。
自転車TB : 0CM : 2
  [ さよならパンダ号(泣) ]
2010-10-02(Sat) 00:08:26
長らくお世話になった白黒パンダ号は自転車仲間でもあり、ライバルでもあるTomoyanの元へと嫁いで行きました…。
これで彼もカーボンバイクデビューです。


パンダ号、これが不満!というところもなく、素晴らしいバイクやったと思います。
宇都宮ブリツェンが使用し、マイナーチェンジは繰り返しているものの、フルモデルチェンジは未だなく、完成度の高さが伺えると思います。


パンダ号、最近は傷んできているところもあり、3年で2万キロ弱、よく走ってくれたと思います。
DSC_5131.jpg
BORA履きパンダ号
NEC_0695.jpg
早朝の六甲山
NEC_0747.jpg
藤田家遠征にて
NEC_0080.jpg
ARA!氏とのツーリング

色んな思い出をありがとう!
この暑かった夏もジテツウのパートナーとして頑張ってくれました。
ありがとうパンダ号!
さよならパンダ号!
(つー;)ノ〃


新しい相棒はコレ!
DSC_6070.jpg
自転車TB : 0CM : 2
  [ ショック!?Σ( ̄□ ̄;) ]
2010-09-30(Thu) 12:40:59
シクロワイヤードの記事で「コンタドールから禁止薬物が!?」なんて記事が!?


コンタドールの大ファンとうわけではないですが、自転車界を引っ張る選手であることは間違いないわけで、自転車界に影を落とす結果になることは絶対避けてほしい。


コンタドール側は直ちに否定したとのこと、食物汚染ではないか?とのことですが、食物汚染するものなのか、そんな簡単に入るものなのか疑問ですが、潔白を証明して欲しいです。


それにしてもドーピング検査に2ヶ月以上も掛かるのが問題かと思います。
マイヨジョンヌのドーピング疑惑なので慎重になっているのだろうけど…。


来年のツールも今年のバトルの再現を期待してます!
自転車TB : 0CM : 0
  [ GPSサイクルメーター!? ]
2010-09-29(Wed) 01:00:15
ついこの前、H2Aロケットが打ち上げられたのが、GPSの精度を上げるための衛星を上げたとか・・・。
携帯電話もそうだが、デジカメにも、サイクルコンピューターにも搭載されているものが多々出てきている。
SONYの最新デジタル一眼レフカメラにも標準装備されて、最新の技術がぎっしり詰まっているものもある。
カメラも新しい波が・・・、と話は逸れてしまいそうなので、今日ネットを彷徨っているとこんな商品を見つけた。
87961-0_w200.jpg
「GPSサイクルメーター(コンピューター) Donyaダイレクト DN-LFG631」
1.5インチLCDに、コンパス、速度、オドメーター、高度、カロリーメーターの情報を表示できるGPSメーター。

GPX形式に対応しており、付属のソフトウェアを使うと記録した軌跡データをGoogle Map上に表示できます。また、速度、高度などのダイアグラム表示が可能です。

1050mAhリチウムポリマーバッテリーを採用しており、最大15時間動作します。
IPX6の防滴加工で雨の日も大丈夫。

別にこのメーカーの回し者ではない。
これだけ出来て5999円だそうです。
GPS付き有名メーカーの商品は5万弱することを思えば、かなりお手ごろではないでしょうか?

ああ、回し者みたいだ・・・。
自転車TB : 0CM : 0

copyright © 2019 プルーとYOU-GO!. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。